【タイ】デパートなどデパートなどさらに短縮営業へ~4月25日から5月2日まで

速報です。

タイでは、ここ最近の新型コロナの急速な感染拡大の数値を受け、ショッピングモール、スーパーマーケット、コンビニエンスストアの営業時間が短縮されるとのことです。

4月24日、タイ小売業者協会は以下のように発表しました。
いわゆる新型コロナ管理区域のレッド―ゾーンエリアでは、ショッピングコンプレックスとコミュニティモールは、4月25日から5月2日までの午前11時から20時までの営業となります。

スーパーマーケットやカフェテリアは21時までとし、コンビニエンスストアは5時から午22時までの営業となります。

現在レッドゾーンに指定されている行政区は、バンコク、チェンマイ、チョンブリー、サムットプラカーン、プラチュワップキーリカーン、サムットサコーン、パトゥムターニー、ナコンパトム、プーケット、ナコンラチャシーマー、ノンタブリー、ソンクラー、ターク、ウドンタニー、スパンブリー、サケーオ、ラヨーン、コンケーンが含まれています。

日本で短縮営業を政府がお願いしようとすると、商工組合あたりが「短縮営業反対!」「短縮するなら金よこせー!」と圧力がかかりますが、タイは逆に小売業者協会の方で自粛していきます。

以前、どこかの政治家が民度がどうのこうのと言っていましたが、さて、どちらが本当に民度が高い国なのでしょうか。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします