• 月. 9月 20th, 2021

タイの「危険な7日間」2日間で705件の交通事故、56人が死亡者、729人の負傷者。

Byサイト運営

4月 13, 2021

タイのいわゆる「危険な7日間」。
その最初の2日間で、705件の交通事故、56人が死亡者、729人の負傷者を出しました。

ソンクラーン初日の交通事故による死亡者数は25名、負傷者数は356名。死亡者数激減!えっつ?!

今回の調査は、ソンクラーン休暇に旅行者が増加するにつれて、交通量も増加した4月10日と11日のものになります。

月曜日に発表された数値では、事故の最大の原因としてスピード違反を挙げており、飲酒運転がそれに続いています。

すべての事故のうち、87%はオートバイに関係していました。

事故の多くは16時から20時の間に発生し、50歳以上の人が関係していました。

警察は、1,916の検問所が330,653台の車両を検査しました。

検査された車両のうち、61,702人の運転手が何らかの理由で違反とされ、15,661人がヘルメットを着用していないことが判明し、17,025人が運転免許証を持っていないことによるものでした。

ここ数年では、ソンクランの休暇中に発生した交通事故により、350人から400人が死亡していますので、今年は少ない方だということがわかります。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP