• 月. 9月 20th, 2021

5360億バーツ損失の責任はどこに?インラック首相にノットギルティ!

Byサイト運営

4月 3, 2021
A file photo of former PM Yingluck Shinawatra.

4月2日、タイの行政裁判所は、元首相のインラック・シナワトラ女史に、コメ補助金政策で政府が損失を被ったことにより、350億バーツ(約1,050憶円)の罰金を科すという軍政の訴えを退けました。

裁判所は、2016年に財務省が出した命令は、2014年のクーデターで政府が転覆した原因は、インラック元首相の政策が引き起こした財政的損害にあるという明確な証拠を示さなかったため、法的地位を欠いていると認定しました。

副首相のウィサヌ氏は、当局は上訴を提出している間、インラックの資産の差し押さえを停止すると述べました。
「訴訟はまだ進行中であるため、問題ありません」
「裁判所が判決を下したので、私たちは資産の差し押さえを停止し、最高行政裁判所に控訴します。次に何をすべきかを決めるのは大蔵省次第だ」とウィサヌ氏は語りました。

インラック女史は、同じ稲作イニシアチブに対する過失の罪で有罪となる直前の2017年にタイから逃亡しました。
彼女は欠席裁判で5年の懲役を言い渡され、逮捕状が発行されました。

このプログラムは、農家がより高い価格で米を販売するのを支援することを目的としていました。
しかし、軍の調査委員会によると、汚職に巻き込まれ、5360億バーツ(約1兆9千億円)もの損失を政府が被りました。

海外で優雅な生活をSNSにアップしセレブ振りをアピールする傍ら、5360億バーツもの税金は一体どこに…、そして誰が責任を負うのでしょうか。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP