新規感染者1335名。タイ政府は全国的ロックダウンには消極的。部分的ロックダウンを検討中

4月14日、本日タイ保健省からの発表では、新型コロナウイルスに新規で感染した患者は、1,335名と大台を大幅に超えた驚くべき数値を示しました。

それでもタイ政府は、新型コロナ感染第3波の対策として全国的な封鎖(ロックダウン)を実施する計画はないと語りました。

そう語ったのは、4月13日火曜日タイの疾病管理局(DDC)のオパス博士でした。

しかし、確認された症例の数が多い県の部分的封鎖を含む、さらなる制限が政府によって検討されているとも述べています。

14日に、国家安全保障評議会のナタポン将軍は、政府がバンコクとその周辺地域、チェンマイとプラチュアップキリカーンなどで、県の封鎖措置を課す可能性について話し合っていることを漏らしています。

当局は、発生がそれほど深刻ではない地域の人々に悪影響を与えることを回避するために、全国的な封鎖を課すことに消極的だとのことです。

ワクチンの方も雲行きが怪しくなってきましたし、新型コロナとの戦いがまた振り出しに戻ってしまったような気がしてなりません。
しかし、これほどまで簡単に蔓延してしまうとは…。
今回は発生源となるナイトクラブにのみ制裁が発せられましたが、これまでの経緯をみると少し不公平な気がします。
時間を超えて、利用していた者も同様に何らかの罰則が科せられるべきなのではないでしょうか。
これまではそういったケースもあったはずですが、上級国民が絡んでいるからむずかしいのでしょうか。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします