ワクチン接種の8日後に新型コロナ陽性と判明。ワクチンは本当に検疫免除の免罪符となり得るのか?!

Photo by Varuth Hirunyatheb in Bangkok Post

ただ今、タイ国観光庁あたりが必死になって隔離検疫の撤廃キャンペーンを行っていますが、はたしてワクチン接種はその免罪符となり得るのでしょうか。

バンコクのバンケー市場におけるクラスターに関して、濃厚接触者であった女性は、最初のワクチン接種を受けてから8日後に新型コロナ検査で陽性であることが判明しました。

バンケー地区のキティマーケット内で小売店を営む29歳の女性は、現在ラチャブリー病院に入院しています。
ラチャブリー保健当局によると、彼女は3月18日に最初のワクチン接種を行い、3月26日金曜日に陽性だと判明しました。

彼女のタイムラインによると、彼女は3月10日から12日まで、ラチャブリー市内の自宅にいました。
バンコクの市場でクラスターが見つかり市場が閉鎖されたためです。

3月13日、彼女は市場スタッフの指示に従って、テスト用の唾液サンプルを提供するためキティマーケットに行きました。
彼女は、感染した場合は電話で通知されると言われました。

3月14日から17日まで、彼女はラチャブリの自宅で隔離していましたが、検査結果についての電話はありませんでした。
彼女はチャットグループから、友達は誰も感染していないことを知りました。

3月18日、彼女は最初のワクチン接種を手に入れるためにキティマーケットに行きました。
接種された後、彼女は自家用車でまっすぐ家に帰りました。

彼女は家で隔離していましたが、3月20日、保健当局は彼女が家にいる代わりにラチャブリの州の施設で隔離されなければならないはずであることに気が付きました。
従って彼女は3月21日から25日まで施設に移されました。

26日金曜日、彼女は14日間の検疫が日曜日に終了する前に検査を受けました。
そして検査結果で、彼女が感染していることが判明しました。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします