イベント世界麻薬の日、いや世界大麻の日。4月19日~20日カールトンホテルで開催。大麻で貧困を救え!

タイで大麻が合法化されてから420日目を迎え、政府は来月、医療目的でのマリファナの使用を促進するために2つのフォーラムを開催します。
参加費が無料であるため、イベントの結果は大きな成果を上げることになると予想されます。

バンコクのカールトンホテルでは、世界大麻の日を記念する最初のイベントを4月19〜20日に開催します。
50を超えるブースが、大麻を使った食べ物や飲み物を提供します。
大麻投資サミットワールドインターナショナルの社長であるジャッキーオン氏は、このイベントはタイとアジア地域へ大麻の使用と取引のアイデアを広めるものだと述べています。

合法化に関連する規制がすでに改正されているため、タイはアジアの大麻のハブになる準備ができています。

2021年の国際医療大麻協会会議も来月4月16日から18日にチェンマイで開催されます。
このイベントでは、医療用マリファナ産業を発展させている22か国の医療専門家と大麻栽培者が参加します。

「タングローバルトラベル」の医療観光コンサルタントであるアレクサンダー氏は、医療用マリファナを促進するという政府の決定は、観光業界に利益をもたらすだろうと述べています。

「タイは、ウェルネスとヘルスケアツーリズムでの評判に加えて、世界で最も優れた大麻株の供給源の1つとして知られています。この2つを組み合わせると、中国、ヨーロッパ、米国を含む世界中から多くの観光客が集まると思われます」

タイ国内旅行協会の顧問も同意しています。
彼は、医療用マリファナに焦点を当てるという決定は、将来の世代に作物について教育し、コミュニティを貧困から救うのに役立つ可能性があると述べています。

「私たちは今、正しい方向に進んでいます。手元に換金作物があるので、今はそれを売り込む方法を知る必要があります」

いやあ、麻薬を合法化させて貧困を救うなどと、どこかの北の国のような発想のように思えて仕方ありません。
本当にこの国は、大丈夫なんでしょうか。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします