タイでニューノーマル時代に向けた新規事業を加速~パナソニック

パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社(以下、パナソニック)は、2021年度よりタイにおいて、ニューノーマル時代に向けた、新規事業を加速させていきます。主な施策は、住宅設備機器のラインアップ拡充、空質事業の強化、共創パートナーとのモジュール建築住宅事業への参入です。

タイでは、コロナの影響もあり住宅販売が落ち込む中、戸建て市場は2020年度も順調に伸長し、今後も都市近郊部を中心に需要の増加が続くと見込まれています。このような状況下、コロナにより家で過ごす時間が長くなり、住宅には、高品位な空間、省エネ、健康など更なる高付加価値が求められる一方、高齢化や、建築業界における人手不足、品質問題などの社会課題が顕在化しています。

パナソニックは、タイにおけるこれらのニーズ、社会課題に対応するため、下記3点の重点施策を推進していきます。

1. 住宅設備機器のラインアップ拡充
コロナ禍、家で過ごす時間が増え、暮らしの質を向上させたいというニーズが高まっていることを受け、住宅設備機器のラインアップを大幅に強化します。今回新たに、2021年7月より高齢者向け離床アシストロボット「リショーネPlus」を発売するほか、今後、IoT宅配ボックス「スマートボックス」、スピーカー付ダウンライトなどを投入。さらに、ユニットバスや住宅用IoTプラットフォーム「MirAIe(ミライ)」を展開し、スマートフォンの操作により非接触で、家電と住宅設備機器の制御を可能にします。

2. 空間除菌脱臭機「ジアイーノ」の新規投入などによる空質事業の強化
パナソニックは、換気扇、空気清浄機などの空質事業において、高付加価値商品の継続的な創出により、業界を牽引しています。タイにおいては、これまで住宅向けに、PM2.5(※1)対応として、外気の汚染物質を除去して室内に取り込む換気商品を販売してきましたが、2021年4月、新たに、「PM2.5給気ファン壁取付タイプ」を発売します。また、空気中のウイルスや菌などの汚染物質を浄化する帯電微粒子水「ナノイー X」デバイス搭載機器を展開しています。2021年度下期中には、病院、学校などの非住宅向けに、次亜塩素酸による高い除菌、脱臭力を実現した空間除菌脱臭機「ジアイーノ」を東南アジアでは初めて投入し、安全・安心な空気環境を提供していきます。

3. タイ・サイアムスチール社との協業によるモジュール建築住宅事業に参入
タイの鉄鋼製品・建材大手サイアムスチール社との協業により、2021年度中に、高品質・短工期・高付加価値を実現したモジュール建築住宅事業に参入し、住空間向上への貢献を目指します。パナソニックが、これまで培ってきた住宅部材における先進的な技術と、サイアムスチール社が持つタイのニーズに合致した住宅づくりの知見を生かしていきます。モジュール建築住宅は、「ナノイー X」デバイス搭載機器や最新住宅設備機器などを装備し、健康・快適な空間を実現します。

パナソニックは今後も、電材、住宅設備機器のリーディングカンパニーとして、これまで培ってきた技術、ノウハウを生かして、健康、安全・安心で、快適な空間を実現するソリューションをグローバルに提案していきます。

※1:大気中に浮遊している直径2.5 μm以下のきわめて小さな粒子

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします