タイでは現在も一夫多妻制が存在しています。重婚は犯罪ですが。

先日、妻がいるにもかかわらず、結婚式を挙げようとしたので、その息子の母親が結婚式に乗り込んで、息子をはたき倒すというニュースをお伝えしました。
しかし実際にタイには、妻を二人持つ家庭は、珍しいというほどではありません。

タイでは、一夫多妻制は1世紀ほど前から一般的ではありません。
重婚はタイの法律で認められていませんが、ライフスタイルとしては今でも一部で実践されています。

タイのメディア記者は最近、一夫多妻制のご家庭にインタビューしました。
2人の妻を持つ夫によると明らかに「良い人生を送っている」とのことです。
しかし妻たちは、インタビューであまり話をしていなかったようです。

44歳のワチャラトーン・シロナム、通称「タム」さんと家族の取り決め『タブー』について話したと言います。

この3名は7年間同棲しています。
タムは、彼の家族はみんな幸せであり、口論もなく、彼の4人の子供(各妻から2人づつ)の世話をするために協力していると言います。

タムの妻にはニックネームがあり、それぞれ「大きな妻」と「小さな妻」を意味します。

過去には、タイの法律は一夫多妻結婚の女性に特定のカテゴリーを割り当てていました。

1935年10月1日以前、タイでは一夫多妻制を実勢することができました。
一夫多妻制は民法の下で認められていたからです。

旧家族法では、妻が妻になる方法に応じて、妻を3つのカテゴリーに割り当てていました。
①ミア・クラーンムアン「公式な妻」
②ミア・クラーンノーグ「外の妻」
③ミア・クラーンター「奴隷の妻」

一夫多妻制はその後廃止されましたが、タイの習慣として未だに生きています。 

タムに18年間在籍しているウォラパット・スロイナム、通称「プラ」は「大きな妻」と呼ばれています。
私たちの愛は何年にもわたって強いままであると言います。

ある日、タムは別の妻を家族に加えてほしいと彼女に言いました。

プラは当初ショックを受けたが、タムが両方を同じように愛していれば大丈夫だと言ったと言います。
それから彼はコチャコーン・タプチョム、通称「ワン」と話し、彼が結婚していることを認め、彼女に彼の「小さな妻」になるように頼んだそうです。

家族は現在、バンコクの西にあるラチャブリー県でタイヌードルのお店を経営しており、そこで10バーツ(約35円)でヌードルスープを販売しています。

プラとワンはそれぞれの家族を支援するために月額10,000バーツを受け取っているそうです。

この話は本当で、割と地方だと受け入れてくれる場合があります。
生活に余裕があり、ちゃんと養ってくれれば、妻が二人いても構わないという昔からの風習が根底に根付いているので、冷静に話しを聞いてくれます。
ただし、書面上の重婚は犯罪ですのでお気をつけください。

 

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします