• 月. 10月 18th, 2021

映画館でポップコーンが食べれない? イチャイチャ禁止? 10月1日より始まる規制緩和~おさらい編

Byサイト運営

10月 1, 2021

10月1日よりタイの29の都県、いわゆる「ダークレッドゾーン」でのCOVID-19規制が緩和されます。

規制の緩和により、屋内フィットネスセンターの再開など、さまざまなビジネスやサービスが再開されます。

飲食店は21時まで営業できますが、店内飲食時の座席は、エアコン付きのレストランでは50%、屋外の会場では75%に制限されています。
飲食店で生演奏を行うことも許可されていますが、アルコールの販売は禁止されています(プーケットを除く)。

映画館も再開できますが、視聴者は一連の制限に従う必要があります。

これには、常にフェイスマスクを着用すること、座席間の距離を保つこと、映画を見ている間は食べ物や飲み物を飲まないことが要求されます。
映画館も入場は50%でしか運営できず、21時までに閉館する必要があります。

10月1日から緩和されるその他の制限は次のとおりです。

コンビニエンスストア、生鮮市場、食品や消費財のフリーマーケットの営業時間も21時まで延長されました。
セブンイレブンなどのコンビニは依然、21.00〜04.00時間休業する必要があります。

あらゆる種類の公立図書館や美術館、本屋、アートギャラリー、史跡、古代遺跡、学習センター、教育科学センター、サイエンスパーク、科学文化センター、アートギャラリーは、厳格な公衆衛生対策の下で開くことができ、数を制限することができます。
入場制限は75%となっています。

映画館は21時まで営業が可能です。
着席数は50%に制限され、距離を保ちます。
ショータイム中、訪問者は常にマスクを着用する必要がありますので、館内での食べ物や飲み物の消費は許可されていません。

ヘアサロン、ビューティーサロン、タトゥーショップの営業時間も21時までに延長されました。
タトゥーショップの顧客は、完全にワクチン接種されているか、COVID-19の検査で陰性であることを証明する必要があります。

ヘルスマッサージショップとヘルススパは、以前のフットマッサージのみから、すべてのマッサージサービスの営業を再開することができます。
サービスの期間は、顧客ごとに2時間以内に制限されるものとします。
営業時間も21時までに延長されました。
ただし、ボディラップ、サウナ、ハーブスチームサービスは引き続き許可されていません。

公共の公園、スポーツフィールド、スポーツ施設、屋外スイミングプールでも営業時間を21時まで可能となります。
一方、エアコン完備のフィットネスセンターは、サウナとスチームセクションを除き、21時まで営業を再開できます。

競技場またはスポーツフィールドの競技場の使用は、バンコクまたは各県の伝染病管理委員会によって承認され、厳格な公衆衛生対策の下で実施され、観客数を収容人数の25%に制限する必要があります。
すべての観客は、完全にワクチン接種されているか、COVID-19の検査で陰性であることを証明する必要があります。

ショッピングモール、ショッピングセンター、コミュニティモール、またはそれに準じる施設も、営業時間を21時まで可能となります。

学校や学習センターは、バンコクまたは県の伝染病管理委員会の許可を得て再開することができます。

エステティッククリニック、美容サービスのメディカルクリニック、コスメティッククリニック、マニキュア、ペディキュアショップは、事前の予約入れた利用客のみ受け入れることができます。
ヘアサロンとビューティーサロンは、お客様ごとにサービスの時間を2時間以内と制限します。

ヘルスマッサージショップ、ヘルススパショップ、タトゥーショップ、映画館、フィットネスセンターは、上記のガイドラインに従って営業を許可されています。

劇場やプレイハウスは21時まで、音楽パフォーマンス、文化ショー、フォークダンス、または同様のパフォーマンスのために開くことができ、観客の数を通常の定員の50%まで制限する必要があります。

あらゆる種類の教育機関、保育園、および児童発達センターは、それぞれの当局による規則および規制に従って再開することができます。

夜間外出禁止令は22時~翌4時までと維持され、少なくとも10月15日まで継続されます。

遊園地、ウォーターパーク、ゲームセンター、宴会および会議活動は閉鎖されたままになります。
バー、パブ、ナイトクラブも休業のままとなっています。

映画館は、ポップコーンやドリンクも大事な収入源となっていますので、なかなか痛いところですね。
鑑賞料だけでは、営業することにより返って赤字となる店舗も出てくるかもしれません。
間隔を空けて座らなければならないとすると、「イチャイチャ」出来ないのも来る人にとってマイナスかもしれませんね。
え、そんなことしないって? 失礼しました。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP