新型コロナ第2波以降、電車の利用率が半減とタイ鉄道輸送局

12月30日、鉄道輸送局(DRT)は、新型コロナの新たな感染拡大以来、鉄道の乗客数はほぼ半分になっていると述べました。

サムットサコーンで発生する直前の12月18日の1,287,763人の乗客と比較して、703,489人の乗客が全国およびバンコクで列車に乗ったとのことです。

DRTの副所長は、鉄道輸送事業者は、列車や駅を定期的に清掃するなど、ウイルスの拡散を防ぐための措置を講じるよう指示されたと述べた。

一方、DRTは乗客にフェイスマスクを着用し、車内話すことを控え、手指消毒ジェルを使用するように求めている。

人の動きが鈍ったのはもちろん間違いではないでしょうが、年末年始で仕事納めを早々とした人も多いのもあるのではないでしょうか。
逆に半分よりもっと少ないかと感じています。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします