オンヌットフレッシュマーケットでも2名の新型コロナ陽性者が発覚!

写真はイメージです

かつてはバンコク現地採用組に人気の街でしたが、現在では駅前開発も進み、駐在員の方も徐々に増加傾向の街オンヌット。
そのオンヌットでも新型コロナ感染者が発覚しました。

スクンビットソイ77(通称オンヌット通り)からほど近い、オンヌットフレッシュマーケット内の2つのシーフード売り場で、新型コロナ陽性者が発覚いたしました。
この2つのシーフード売り場の陽性者は、現在病院で治療を受けています。

「オンヌット・フレッシュマート」の公式サイトでは、売り場の1人は通常サムットサコーンから海産物を仕入れていました。
この売り場は、21日月曜日から閉店しており、その後この売り場の人間が新型コロナに感染していることが判明したため、この患者と密接に接触したと思われる10人も、ウイルスの検査を受けることになりました。
そのうちの1人が陽性であると判明し、この陽性者も別のシーフード売り場の人間だと特定されました。

二人とも病院で治療されているとのことです。
また市場は、水曜日に徹底的に消毒作業をしたとのことです。

ロカール風情の市場ではありますが、駅からもほど近く、普段から利用している日本人の人もいらっしゃるのではないでしょうか。
もし心あたりのある方は、たとえ症状がなくても「自分だけは違う」と言わず、検査を受けられることをお薦めします。
人に感染してしまったら、ここはにほんではありませんので、返って大変なことになりますよ。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします