【バンコク】12月24日から12日間。437の学校と299の幼稚園が閉鎖へ

バンコク都(BMA)は23日水曜日に、管轄下にある437の学校のすべてと299の幼稚園に、新型コロナの感染拡大を封じ込めるために、明日24日から12日間閉鎖するよう命じました。

この命令は伝染病委員会(CDC)が、娯楽施設、市場、ボクシングスタジアムなどの人が密集した場所でウイルスが広がるのを防ぐための、10の対策を発表しました
バンコクから南にわずか45キロしか離れていない、サムットサコーンのエビ卸売市場での発生の後、バンコク都では、478の市場で新型コロナ検査を実施しています。
これまで既に約100のバンコク市場での検査が完了したと述べています。

この病気をコントロールするのには、初期のたった4週間のうちに対処するしかありません。
世界的な統計によると、感染が発生するとの88%の国でさらに事態が深刻になっています。

感染発生から4週間以内に脅威をかき消した場合のみ、残りの12%に参加できる可能性があります。

したがって会議では12月24日から、社会的混合を​​減らすために437のバンコク都が運営する学校と、299の保育所を12日間閉鎖するという決議が可決されました。
また政府と民間部門のスタッフに、12日間は自宅で仕事をするようにアドバイスしています。

少なくとも新型コロナ対策に関しては、タイ政府が主張し実行していることこそのみが、解決の道だと思っています。
だらだら何も対策をしない日本のようにはなりたくないというのが本音です。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします