【朗報】絶滅危惧種の野生のヒョウが20年ぶりに確認される

Photo: 9th Conservation Area Administration Office

絶滅危惧種である曇ったヒョウが、シーサケット県のパノムドンラック山中で約20年ぶりに目撃されたと、現地保全官は語りました。

第9保護地域管理局の局長は、11月1日から24日まで山に設置された監視カメラが、単独で付近を練り歩くヒョウを撮影したと述べた。
ヒョウは、絶滅の危機に瀕していて、野生のヒョウが山中に確認できたのは、なんと約20年ぶりとのことです。

ヒョウが生き残っていたという事実は、彼ら野生動物のための食物と水源を修復するために日々努力しているパークレンジャーの功績も評価しなければなりません。最近も密猟に対するパトロールを強化したと言います。

彼らの努力が一般的に野生生物の個体数を増やすのに役立ち、それが今度は捕食者を引き付けたと述べた。
公園の職員は、キツネ、穴、山猫類などの小さな捕食者がこの地域に戻ってきつつあるのを最初に確認しました。

タイでは、ケーンクラチャン国立公園、フアイカーケン野生生物保護区、カオソック国立公園、カオヤイ国立公園など、絶滅危惧種の夜行性猫たちのまれな目撃が報告されています。

そう言えば、同じくクロヒョウの狩猟を行ってた大手デベロッパーの人はどうなったのかなあ。 

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします