タイ・パンデミックのきっかけとなったスタジアムが再開へ

タイが新型コロナウイルス・パンデミックへと広がるきっかけとなった、あの場所が再開されるようです。

バンコクのルンピニーボクシングスタジアムは、新型コロナのクラスターを引き起こし、3月14日以降閉鎖されていました。
その新型コロナ・パンデミックの発症の地でもある、このスタジアムのイベントが11月24日以降に再開されます。

当時スタジアムでモエタイの試合を観に来ていた観客で感染症となり、3名が死亡したと考えられています。

ルンピニ・ボクシングスタジアムの新社長であるスチャート中将は17日火曜日に、経営陣は新型コロナの拡散を防止ための措置を厳守し、ボクシングイベントは毎週火曜日、金曜日、土曜日に開催されると述べた。

最初の試合は来週の24日火曜日に開催され、ロイヤルタイアーミーラジオとチャンネル5で、20時30分から22時30分まで生放送されます。

同氏はこのイベントで、約1,050枚のチケットのみが販売されると付け加えた。

彼は、屋外でボクシングマッチを開催したり、子供たちが無料で試合を観戦できるようにしたり、元ボクサーをコーチとして雇用したり、ボクシングマッチをオンラインで放送したりするなど、スタジアムを宣伝する他の多くの計画があると述べました。

これらの計画については、文化省、タイ政府観光局、タイ専門ボクシング協会など、いくつかの機関と連携して行っていきますと語りました。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします