コカイン、モルヒネ、アヘンが合法になるってホント?

少し信じがたいニュースなのですが、ロイヤルガゼット(官庁報道メディア)発表のものだそうです。

コカイン、モルヒネ、アヘンなどのカテゴリーIIの麻薬に関するタイの法律は緩和されます。
公衆衛生省による新しい規制では、研究などの特定の状況下でカテゴリーIIの麻薬の販売と所持を許可するとのことです。

タイ麻薬法でカテゴリーIIに分類される薬剤には、モルヒネ、コカイン、ケタミン、コデイン、アヘン、薬用オピウム、メタドンが含まれます。
新しい規制の下で、政府によって承認された人々は、患者または動物の治療または疾患予防、医学的または科学的研究、もしくは政府の目的のためなら、カテゴリーIIの麻薬を販売を許可するとのことです。

政府は、研究、教育、または政府の問題などの特定の目的のために、カテゴリーIIの麻薬を所持する許可を与えます。
カテゴリーIIの薬は、咳止め薬のような薬用処方を製造するために使用します。
タイ地元メディアによると、麻薬は応急処置や公共交通機関の船や飛行機の緊急時にも使用可能とのことです。

この規則は16日月曜日ロイヤルガゼットに掲載され、240日後に施行されます。

これまでアングラだった闇の人たちが、ホワイトになれるってこと?!
今でもヤーバー(違法薬物)が庶民に蔓延しているのに大丈夫なのだろうか。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします