爆発が元で火事。消火中行方不明だった90歳祖母も無事が確認

PHOTO: Sawanghet News

11月15日日曜日20時ごろ、パナットニコム警察は、バーンチャーン地区のスアンパックソイ4で火災の通報を受けました。
消防車と警察が現場に到着した時には、すでに家が燃えている状態でした。

火の手は激しく、完全に鎮火するまでに約1時間を必要としました。

この家に在住のウィーラさん(28歳)は警察に
「家で寝ていると、爆発の音が聞こえて火の手が上がった」と語りました。
「家の中に祖母が見つかりませんでした。 私は近所の人に彼女を探すのを手伝ってくれるよう頼みました」

付近の住民の助けもあり、約1時間の捜索の後、近くの森で90歳の祖母が発見されました。
家は火事で被害を受けましたが、ケガ人などはでていません。

損害の費用は約30万バーツと見積もられています。

火はその全てを無に帰します。
バンコクの賃貸物件ではオール電化の建物が多く、火事は少ない方ですが、くれぐれも火の扱いにはお気を付けください。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします