• 土. 7月 24th, 2021

【タイ自然環境省】黒煙を発するディーゼル車検挙を強化

Byサイト運営

11月 13, 2020

新型コロナ対策で見せた強権を、是非この問題にも発動させてほしい。

政府は大気汚染に対処するために車両検査を強化することを計画している、と汚染管理局の最高責任者が言及しました。

自然資源環境省は、汚染物質への対策を強化する予定であると同局の局長は述べました。
黒煙を発する車両を見つけるための厳格な検査キットが、17箇所バンコクに設置されると述べました。

2019年と2020年9月に、9,539台の検査車両のうち7,010台が過剰な黒煙を放出し、2,526台が罰金を科されました。
目的は、ディーゼルエンジンの燃焼として大都市のPM2.5ダスト粒子(直径2.5マイクロメートル未満の粒子)のレベルを下げることです。
ディーゼル車は、あまりにも多くの汚染物質を放出すると彼は言います。

陸運法に照らし合わせると、煙を出す車の所有者は、車が修理されるまで車の運転を停止されると述べました。

もう目視でわかるくらい黒煙を出しまくってるバスや大型トラック、ピックアップトラックだらけだと思うのですが、検査が必要でしょうか?
なるはやでお願いします!

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP