• 木. 6月 24th, 2021

妻と息子をハンマーで撲殺後、隣人を追いかけまわす。まるで映画『八つ墓村』

Byサイト運営

11月 7, 2020

飲んではいけないお薬を飲んで事件を起こす輩がいますが、この人は飲まなければならないお薬を飲まなかったために、事件を起こしてしまいました。
取り返しのつかないレベルの…。

ナコンパノム県:11月5日木曜日の夜、妻と14歳の息子をハンマーで殴り殺し、その遺体と家に火を放った容疑で男が逮捕されました。

彼はまた、他の隣人に拘束されるまで、ハンマーで別の隣人女性を追いかけていたと言います。
真っ先に、映画『八つ墓村』、津山事件を脳裏をよぎってしまうような事件です。

容疑者であるパントーパ(50歳)は、殺人、放火、身体的暴行の罪で起訴されました。
警察によると木曜日の20時ごろ、パン容疑者は妻(48歳)と息子(14歳)の頭をハンマーで殴り、血まみれの状態で無残にも撲殺したことを認めた。
彼は遺体を毛布と衣類で覆い、それらの上にガソリンを注ぎ、それから家に火をかけました。

パン氏は警察に、彼は数年間精神的な問題を抱えていたのだが、 約3ヶ月間薬を服用していなかったと自白しています。

ファン容疑者は当日、精神的な問題で幻覚を見るようになり、誰かが彼を襲い、妻と息子を奪い、持ち物をすべて奪うという妄想を抱いていたと語った。
その時点で、3か月以上薬を服用しておらず、その代わりアルコールを飲んでいました。

妻が木曜日の夜に家事をしている間、彼は妻をハンマーで攻撃しました。 その後、彼は同じハンマーで息子を攻撃しました。
夫婦には3人の息子がいましたが、 長男(22歳)は僧侶で、次男(18歳)は当時外出していて無事だったとのことです。

隣人のラクホン・ブアタさん(59)は、彼の家の中から殴打の音が聞こえたが、当時何が起こっているのかわからなかったと語った。
ファン容疑者は最近、変わった様子はなく、このような攻撃的な兆候は見られなかったと述べています。
それから彼女はパン容疑者がハンマーを手に持って、彼女の方へ向かっているのが見えました。そして彼の家から煙が出ているのを見つけました。

彼が追いかけてきた時、彼女は正に死ぬ思いで走りました。そして、その他の隣人は何が起こっているかを見るために彼らの家から出てきました。
パン容疑者は、ハンマーで彼女の背中を殴ろうとしましたが失敗しました。 それから彼は彼女の頭を殴ろうとした。 彼女は腕を上げて打撃から身を守りました。その際に腕を骨折したと言います。

ようやくその他の隣人たちによってパン容疑者は拘束され、ラクホン夫人は命だけは取られずに済みました。

いやあ、ラクホン夫人の恐怖たるや、想像を超えたものだったでしょう。
タイは、精神病患者による明らかに異常な事件をよく目にします。
日本はそこまでないと思うのですが、何故このように事件化する割合が多いのかが不思議です。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP