【チェンマイ】ドイ・インタノンの頂上で7℃を記録。観光シーズン到来です!

バンコクは雨季ということもあり、雨が降った後の早朝は肌寒く感じることもありますね。
本日も布団が温くて、起きるのに多少気合が必要でした(笑)。
それでも10月13日、本日のバンコク昼ごろの温度は25度ありました。
しかし同じタイでも北部方面は、冬服が必要なほど気温が下がっているようです。

チェンマイ地方にあるドイ・インタノン国立公園では、ここ最近気温が下がり始め冬の訪れを感じさせます。
それは同時に観光目的のタイ人にとって、チェンマイ地方の観光シーズン到来を意味しています。

12日ドイ・インタノン国立公園の責任者は、ドイ・インタノンの頂上で7℃、キウメーパーンで6℃を観測したと言及しました。
ちなみに北部平坦部での気温は、20℃でした。

普段、涼しい気温を体感したことのない中心部のタイ人にとって、一桁台の気温と涼しい気温が作り出す美しい自然を堪能できるとあって、タイ北部はこの季節が観光シーズンとなります。
既に北部に来る観光客は増えつつあり、多くの観光客がドイ・ルアンチェンダーオやドーイアーンカーンなどのチェンマイの他の山々も訪れていると彼は述べています。

またチェンマイのホテルは、他の観光地と比べても割安感があり、今なら90%オフと言ったような驚きの価格で宿泊できるようなホテルもありました。
もうすぐロイクラトーン祭りも迫っております。
この機会にチェンマイ方面の旅行を計画してみてはいかがでしょうか。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします