• 木. 6月 24th, 2021

【中国が起源】タイ・ベジタリアンフェスティバル「キンジェー」は、10月17日~25日まで

Byサイト運営

10月 6, 2020

タイは遠くアユタヤ王朝のころより中華系の人々と交流があり、混血も進んでいるため中華系の文化が広く浸透しているのも特徴の一つだ。
その一つとして「キンジェー」と言われる採食中心の期間を設ける習慣があり、大きなイベントのように開催されている。

毎年恒例のベジタリアンフェスティバル(「キンジェー」)は、今年は10月17日から25日の間に開催され、バンコク、パタヤ、スパンブリー、ナコーンサワン、パンガー、ハートヤイなど多くの場所で祝賀会が開催されます。
ハイライトは、タイのベジタリアンフェスティバルの起源であると信じられているプーケットでの壮大なお祝いです。

9日間に及ぶのこのフェスティバルは、人々が肉や、乳製品、動物油、フィッシュソース、卵などの動物由来の食品の摂取を控える期間です。また、にんにく、玉ねぎ、らっきょう、エゾネギ、たばこなどの臭いの強い植物も消費しません。
また、アルコールとセックスも控えます。目的は、心と体の毒素を浄化することです。

ベジタリアンフェスティバルの歴史は、1825年にプーケットのクラトゥ地区で、訪問中の中国のオペラ団の一部のメンバーがマラリアに羅漢した時に始まったと考えられています。
したがって、残りの部隊は、病気を治し、幸運、富、そして長寿を与える力を持っていると信じていた九皇帝の神々に敬意を表するために、厳格な菜食主義の食事に固執したところ、しばらくして体の状態は回復したそうです。
そしてそれは後に国の多くの地域に住んでいる他の中国の子孫に広がっていきました。

ベジタリアンフェスティバルの期間中、プーケットの中国式の神社では、信者たちの贅沢なパレードを開催しています。
伝統的なスタイルでは、彼らは剣や槍などの中国の神々の鋭い武器を頬、耳たぶ、腕に突き刺します。
しかし、一部の信者は、短剣、アルミニウムフェンス、M16おもちゃの銃、ギター、のこぎりの刃、スチールチェーンなどの奇妙な装いで仮装を楽しみます。

イベントでは新型コロナの流行により、ニューノーマルスタイルに沿って、マスクを着用や手の消毒を実施する必要があります。
現場では無料のベジタリアン料理が提供されますが、持ち帰りのみが対象です。

タイ政府観光局(TAT)は、このフェスティバルには少なくとも10万人の訪問者が訪れ、プーケットの経済に最大2億バーツを生み出すと見込んでいます。

針男の意味がよくわかりません。痛そうなだけですね。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP