プラユット首相がチョンブリー地区を視察。外国人観光客受け入れ準備か?!

外国人観光客への開国路線の急先鋒ピパットスポーツ観光大臣による、10月プーケット島解禁が進められる中、外国人観光客に頼っていた他の地域の行政官らも鼻息が荒くなってきたようだ。

タイ首相のプラユットは、今週初めにラヨーンとチョンブリの地域を訪問し、いくつかの会議やイベントに参加したり、ウタパオ空港や新しい高速道路などの場所を視察いました。
今回の訪問中、チョンブリのリーダーやパタヤの観光・ビジネス業界のメンバーと会見し、現況がいかに悲惨であるかを首相に伝えたと言われています。

会議の正確な詳細は発表されなかったが、首相はその後のスピーチで、特にパタヤ、プーケット、サムイ、その他の観光地での悲惨な状況を理解していると述べた。タイは外国人観光客を呼び戻す必要があると述べたが、それは安全に行われなければならないとも付け加えた。多くの観光産業は単にワクチンを待っているだけでは、生き残れないとも言及した。

特にパタヤはGDPの約8割を観光とホスピタリティに依存しており、昨年は世界で19番目に訪問者が多く、1,000万人近くの外国人旅行者が訪れました。これは実に前年比35万人の増加となりました。この事実が比較的小さな町にとってどれほど大きいか、そしてパタヤ、東京、ローマ、メッカ、台北を訪れる観光客と同等の訪問者数を有しています。プーケットには1,050万人の訪問者があり、バンコクにはなんと2,400万人が訪れ、香港に次いで世界で2番目に訪問者の多い都市となりました。

首相は、チョンブリの指導者との面会、特にパタヤの状況に関するデータや情報を見て、市のビジネスやバーの大部分が閉鎖されたパタヤの状況を見て、深く懸念していると言われました。観光の復活。ホームレス、軽犯罪の増加、人の行き来が少なったことによる野良犬や野良猫の増加といった問題も、当局からの懸念を引き起こしています。

パタヤ当局では、首相がウタパオ空港を視察して外国人観光客を歓迎する準備ができていることを確認するという事実に基づいて、年末までにパタヤが外国人受け入れプログラムに追加される可能性が高いと考えています。

私としては、プーケットの状況を鑑みてから次のエリアと、慎重に動いた方が良いかと思いますが、みなさんはどう思いますでしょうか。
日本のように自粛させたり、当事者に任せたり、また自粛させたりとちっとも前に進まない状況をみているので、少しづつ確実に前にコマを進めたほうが良いと思うのです。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします