【厳禁】タイでは使ってはいけない言葉があります

 

2020年5月21日。

連日殺人事件の絶えない「微笑みの国」タイランド。ニュースを選ぶ方も大変なくらい様々な事件が起こっています。

5月19日。バンコク郊外にあるバンナータワーの出入り口付近に数台のバイクで乗り付け駐車したバイクタクシーのタンさん(73歳)とパヤオさん(66歳)一行。駐車禁止エリアだったため、警備員のサタポーンさん(37歳)は注意をしました。その言葉使いがかなりきつめの言葉だったようで、その場で喧嘩となってしまいました。結果、事態にヒートアップしたパヤオさん(66歳)が果物ナイフを取り出して、警備員のサタポーンさん(37歳)。の左胸部を刺してしまいした。サタポーンさんはその傷が致命傷となり死亡してしまいました。

駐車してはいけないところに駐車するのが悪いのでタイのサイトでもあまり同情は得られていないようですが、タイでは言ってはいけない言葉というのがいくつかありますので、それを年下の人が年上の人に言うとさらに過激な反応を受けることがあります。変な言葉を覚えて、軽々に使用したりしない方が身のためですのでご注意ください。

ちなみに警察の御用となったパヤオさん(66歳)は、現在独房に収監中ですが、家族会議でピックアップトラックを売り保釈金とするかどうか検討中のようです。
亡くなった警備員のサタポーンさん(37歳)の遺体を引き取りに、母親が向かっている最中とのこと。残念としか言いようがありません。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします