• 月. 12月 5th, 2022

トヨタ モーター タイランド、11月に水素燃料電池車2台をタイでテスト走行。

Byサイト運営

10月 20, 2022

トヨタ モーター タイランドは11月、最新の水素燃料電池車2台をタイでテスト走行を行うと同社代表が発表しました。

同社代表の山下典昭氏は、二酸化炭素排出量ほぼゼロの車両を開発するという自動車メーカーのコミットメントを示すために、パタヤとラヨーンでのテストのために2台の第2世代トヨタミライ車が輸入されると語りました。

ミライ・ジェネレーション II は水素燃料電池を搭載しているため、車の副産物は水だけで、二酸化炭素は排出されません。

燃料電池電気自動車 (FCEV) であるミライは、酸素と水素が化学反応を起こし、自動車のモーターに電力を供給します。

トヨタモータータイランドは、11 月中旬にパタヤでテストランを行うために、PTT および他のパートナーと提携しています。

一方、PTTはパタヤにパイロット水素補給ステーションを開設します。
このステーションは、タイの主要な水素供給業者であるバンコクインダストリアルガス社と協力し設置されます。

さらに12月中旬、トヨタ自動車株式会社 (TMC) の日本を拠点とする社長が、トヨタタイランドの60周年を祝うためにタイに到着します。
このタイミングで、水素燃料で作動する1.6リットルの内燃エンジンを搭載した特別なカローラモデルが発売されます。

自動車の専門家やオブザーバーは、トヨタは中国の自動車メーカーとは異なり、燃料電池電気自動車の開発に多額の投資を行っているため、バッテリー電気自動車の開発と生産に消極的であると述べています。

トヨタタイランドによると、ミライ・ジェネレーション II は世界中で約1万台が販売され、第1世代のミライは12,000台が販売されています。

山下氏は、トヨタはハイブリッド電気自動車 (HEV)、プラグイン HEV、FCEV など、代替エネルギーを使用する環境に優しい車両を開発していると語っています。

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP