• 土. 10月 8th, 2022

タイでVCM・PVC生産能力増強プロジェクトを受注~日揮ホールディングス株式会社

Byサイト運営

8月 31, 2022
日揮ホールディングス株式会社(代表取締役会長CEO:佐藤雅之)は、海外EPC事業会社である日揮グローバル株式会社(代表取締役社長執行役員:ファルハン・マジブ)とタイのGCメンテナンス&エンジニアリング社(GCME)がコンソーシアムを形成し、AGC株式会社のクロール・アルカリ事業子会社であるAGC Vinythai Public Company Limited社向けVCM・PVC生産能力増強プロジェクトを受注しましたのでお知らせします。
1.     契約先:AGC Vinythai Public Company Limited

【出資比率】
AGC株式会社70.22%、PTTグローバルケミカル社27.32%、その他2.46%

2.     建設場所:タイ王国ラヨーン県マプタプット工業団地

3.     役務内容: VCM*1、PVC *2生産能力の増強およびその付帯設備に係る設計・調達・建設工事(EPC)役務

*1:Vinyl Chloride Monomer(塩化ビニルモノマー)
*2:Polyvinyl Chloride(ポリ塩化ビニル)

4.     契約形態:ランプサム契約

PVCおよびその中間原料のVCMは、上下水道などの都市インフラ整備や多様な工業製品に欠かせない素材であり、東南アジアにおいては、経済成長に伴う製造業やインフラ事業等の継続的な拡大を背景に、市場拡大が期待されています。

本プロジェクトは、この旺盛な需要に対応するため、各々年産40万トンのVCM、PVC 生産設備及びその付帯設備を増設するものです。日揮グローバルはVCM及びPVC生産設備に係るEPC及びプロジェクト全体の管理を担当し、GCMEは付帯設備に係るEPCを担当します。

当社グループは、タイにおいて多様な分野での案件実績を有しており、現在もケミカル分野の案件を遂行しています。本プロジェクトの受注に際しては、当社グループのこれまでのタイを含む世界各地でのケミカル分野の実績、設計技術力、プロジェクト遂行能力等が総合的に評価されたものと考えています。

当社グループは、中期経営計画「BSP2025」において、アジア地域におけるケミカル分野をEPC事業の成長市場・分野と位置付けています。世界各地における豊富なプラント建設実績を活かし、今後も化学メーカー各社が海外で推進する各種プラント建設プロジェクトの受注に積極的に取り組んでいく所存です。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP