• 木. 8月 11th, 2022

自慰行為ビデオをネタに脅迫。ペチャブーンの元市長が自殺に。

Byサイト運営

7月 29, 2022

犯罪抑制課の警察は、オンラインで自慰行為などの映像をネタに脅迫し、金銭を強要していた容疑者の事件を発表しました。

カムディ容疑者は、ウドンラチャタニーの自宅で逮捕されました。
彼の自宅では、5台の電話と1,000本の猥褻動画の証拠が見つかりました。

この事件は、ペッチャブーン県の元市長が自宅の隣のガレージで死んでいるのが発見されたときに始まります。
梁にロープが取り付けられており、そこにスポーン氏の遺体がありました。

彼の親戚は、警察への聞き取り調査に、彼は誰とも確執がなく、ストレスも感じていなかったので自殺ではないかと述べていました。
調査が進むと、彼の電話が紛失していることに気づきました。
これは後に近くの池で発見されました。

事件も自殺であると判断しました。

その後、この前市長がある口座に現金を送金したことを見つけました。

その手掛かりから、オンライン上で女性のふりをし恐喝を行っていた同性愛者の男性、カムディがこの犯罪の背後にいることを発見しました。
カムディはFacebookで女性のふりをして市長と友達になりました。

やり取りを進める中で被害者の自慰行為をしている動画を手に入れ、彼から金をゆすり取るために使用されていました。
被害者が脅迫を止めるよう要求されたとき、カムディ容疑者はFacebookで被害者の友人や親戚20人に動画を送ると連絡しました。

そして犠牲者は自殺しました。

カムディの携帯電話から見つかった他の10人の犠牲者の中には、3人の公務員がいました。

警察は、悪意のある者が恐喝目的で使用する可能性があるため、自身の猥褻動画をオンライン上で共有しないように一般市民に警告しました。

元市長は命を落とす前までに、2年間で20万バーツを失ったと発表されています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP