• 火. 5月 24th, 2022

サラブリーで長距離大型バスが支柱に激突。5名が死亡30名が負傷。運転手は居眠りを否定。

Byサイト運営

3月 13, 2022

タイの国営運輸会社が運行するエアコン付きバスが起こした事故により、少なくとも5名の乗客が死亡し、30名が負傷しました。

3月12日土曜日、サラブリーの中心地ににあるショッピングモールの前で、突如高架道路の支柱に大型バスが衝突するという事故が発生しました。

このバスは、東北の街ローイエットからバンコクに向かう旅程でした。

警察は、運転手が居眠り運転をしたのではないかと疑っていますが、運転手はこれを否定し、タイヤの1つが破裂して、車両の制御を失った可能性があると主張しています。

負傷した乗客は全員、治療のためほうぼうの病院に運ばれました。

運輸会社は後に、事故に巻き込まれたすべての乗客を支援するよう、サラブリーバスターミナルに指示したと言います。

タイヤがバーストした場合このような事故に発展しませんので、おそらく居眠りだったんでしょうね。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP