• 木. 5月 19th, 2022

COVID-19状況管理センター、既存の疾病管理措置を当面変更しない。

Byサイト運営

2月 14, 2022

COVID-19状況管理センター(CCSA)は、既存の疾病管理措置を当面変更しないことを決議しました。
一方、タイ首相は、重大な患者と死亡者の数が少ないにもかかわらず、COVID-19に対する予防策を維持するよう人々に促しています。

プラユット首相は、重症者数は少ないものの、感染数は増加している現況について触れました。
現況を踏まえ、国民は引き続き予防策を講じ、疾病予防ガイドラインに従うことが求められます。
最高の保証付き医療施設には、患者を収容するのに十分な状況です。
政府が、考慮すべき予算と時間の制限に関する差し迫った問題に取り組んでいるとだけ述べました。

CCSAのタウィーシン博士も2月11日、CCSA会議は疾病管理措置を変更しないことを決議したと述べています。
特に感染数が増加しているブルーゾーンの観光パイロット地域の人々は、感染を抑えるために健康対策を厳守することが求められています。

タウィーシルプ博士は、現在より多くの子供たちがオミクロンコロナウイルス変異体に感染していると現況を報告しています。
したがって、当局は、親が子供にできるだけ早くワクチンを接種するように薦めています。

CCSA会議はまた、一般の人々にとってよりアクセスしやすく経済的な抗原検査キット(ATK)サービスの発行を承認しました。
3月1日以降、毎日最大56,000のATKが販売されると予想されていると述べました。
1キットあたりの価格は、現在の平均80バーツから55バーツに下がると予測されています。

規制がどうのというより、現実問題、エロマッサージ屋さんは通常営業しているし、第3波の発生源として悪名高い「エメラルドトンロー13」もレストランとして名前を変え、復活するようなので、今のままで困る人はいないのではないでしょうか。
困るのは、規制緩和によりコロナにかかって、亡くなってしまった人だけでしょう。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP