• 水. 5月 25th, 2022

米国の人身売買で格下げを受けたタイ。違法操業の漁船の調査に乗り出す。

Byサイト運営

2月 7, 2022

タイ王国警察は、違法操業の漁業を抑制するために、全国の漁船を検査すると発表しました。

この動きは、米国の人身売買報告書におけるタイ王国の地位格下げに対応したものです。

検査は、関係機関と協力し、約1万隻の商用船が対象となっています。

警察はまた、水産局、海洋局、労働保護福祉局、タイ海事執行司令部と協力して、漁具検査の相互ガイドラインを確立しています。

タイ王国国家警察庁は、この取り組みがタイの商業漁業における追跡および監視システムの強化に役立つだろうと述べています。

また、過去2年間にこのような業界全体の検査が行われなかったため、人身売買報告書のタイのステータスが格下げされてしまったと述べています。

違法なことをする人は後を絶ちません。
しかもそれを取り締まらないとなれば、増える一方です。
深くは言及できませんが、警察庁自身の見立て通りだと思います。

アメリカの人身売買レポートで、タイはさらに格下げへ。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP