• 火. 1月 18th, 2022

タイメディアも苦言!感染拡大は偽装レストランが原因とパタヤ市長。しかし許可を出しているのは行政。

Byサイト運営

1月 10, 2022

タイの地元メディアでも、これまで本誌が指摘してきたように辛辣な言葉で新型コロナ感染拡大の原因について次のように述べています。

パタヤ市は、パタヤがCovid-19の症例数を大幅に増加させた主な理由は、市内の多くの「飲食店」であると結論づけています。
ソンタヤ―市長は、疾病管理規則を無視した「飲食店」が問題を引き起こしていると述べています。

しかし多くの住民は、実際の問題は市役所自体にあると感じています。

誰もが「陰性」結果を借りて飲食店に入ることができるため、飲食店のスタッフが顧客の検査結果を監視することは非常に困難となっています。
また、提示された検査結果に正確な日付を実証するまでの方法がありません。

過去数か月にわたって、「飲食店」という言葉は、バービアなどの風俗店が疑わしい認証とライセンスを取得して、営業するための迅速なルートとして使用されてきました。
このような偽装「飲食店」には、敷地内にキッチンすらありません!

ソンタヤ―市長は、このような偽装「飲食店」が新型コロナウイルス感染拡大の理由であるとほのめかしています。

一方で、免許、検査、執行の役割を担っていたのは市役所職員なので、市長はまず責任者に相談する必要があります。

また、パタヤのツリータウンに拠点を置くCovid19検査所では、ここ最近の結果、スタッフと訪問者の25%以上が陽性であったことを確認したと報告しています。

 

さらに市長は、パタヤカウントダウンを含む毎週の音楽祭の娯楽プログラムを擁護し、そこからの感染はないと主張しています。
しかし多くの住民は、ニューイヤーのカウントダウンのイベントが開催されたことに驚いており、その結果、多くの町外の訪問者が訪れました。

オミクロンはすでにタイ国内に流入しており、現場で検査を行ったとしても、これらのイベントが必然的にウイルスの拡散を助長していると感じています。

現在パタヤでは、爆発的な症例数に直面しています。
1月8日土曜日には、さらに374件の症例が見られ、1週間の合計は2,500件近くに達しています。

これらの数字には、薬局で抗原検査キットを購入し、陽性と判定され、自宅で自己隔離を続けた多くの人々は含まれていません。

確かなことは、英国やドイツなどの他の国と同様に、オミクロン株が急速に広がっていることです。

政府や行政の対応を正確に見抜いているメディアもある中、なぜこのようなことがまかり通る社会なのか。
「タイは特別なのだ」といつまでも言ってるようでは、いつまでたっても発展途上国と呼ばれ続けることでしょう。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP