• 日. 11月 28th, 2021

一回目の中国製ワクチンを接種した26歳の女性が死亡。重大なアレルギー反応の末

Byサイト運営

10月 21, 2021

何故か、もう大きなニュースとして取り上げられなくなりましたが、定期的にこのようなニュースは上がってきています。
タイ政府は決して因果関係を認めようとはしませんが…。

ランパーンの26歳の女性は、1回目のワクチン接種を受けて亡くなりました。

カンヤラートさん(26歳)は、9月24日に中国製シノバックワクチンの注射を受けた後、18日月曜日亡くなりました。
常に重大なアレルギー反応を示していたといいます。

母親のメティカンさん(50歳)は、カンヤラートさんはワクチン接種後に発熱、倦怠感、胸の張りがあり、症状が悪化していたと証言しています。

10月12日の夜、彼女は病院に運ばれたが、スタッフから翌日帰宅するように頼まれた。
2日後、再び入院したが、病状が悪化し、月曜日に死亡しました。
医師によると、彼女は感染症と低血圧が死因だと言います。

メティカンさんは、ワクチンが彼女を殺したと感じてならないと主張します。

これよりももっと明らかなケースがたくさん発生しているにもかかわらず、タイ政府は、ワクチン接種が原因で死亡したケースはこれまで1件しかないと発表しています。
もちろんこのようなデータを元に、ワクチンの安全性や国家の疫病対策は練られているわけですので、それで導き出される結果は…。
みなさんはどうお考えでしょうか。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP