• 金. 10月 22nd, 2021

タイ入国時の隔離検疫期間を、ワクチン接種状況により短縮する計画が進行中

Byサイト運営

9月 24, 2021

以前これを開始したタイミングで第3波が発生し、一瞬で中止となりました。

9月23日、全国伝染病委員会は、予防接種を受けた観光客の強制検疫期間を7日間、10日間に短縮することをCCSAに提案することを計画していると、疾病管理局(DDC)の局長は明らかにしました。
オパス博士は同日午後、タイに陸路、海路、空路で入国する人々の検疫日数の短縮は、国籍に関係なく同じ基準に適用されると記者団に語った。
7日、10日、および14日間への適用は、次の条件で振り分けされます。(提案中)

①7日間の隔離検疫となる者は、陸路、海路、または空路に関係なく、Covid-19ワクチンを2回接種し、ワクチン接種書類を提示した観光客のグループに適用されます。
検疫の当日と7日目にRT-PCR検査を実施する必要があります。

②10日間の隔離検疫となる者は、予防接種の証明書を持っていない空路での旅行者に適用されます。
RT-PCR検査は初日と10日目に実施されます。

③14日間の隔離検疫となる者は、陸路から旅行する人、または予防接種の書類が不完全な人に適用されます。
初日と14日目に2回のRT-PCR検査が必要です。

事務局長は、DDCが9月27日月曜日に、さらなる審議のためにCovi-19状況管理センター(CCSA)に今回の提案を提出すると述べています。

地元メディアは、この提案は通過する可能性が高いと報道していますが、まだ決定ではありませんので、先ずは27日の結果報告を待ちましょう。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP