• 水. 9月 29th, 2021

労働許可を持ったタイ在住者全員が、タイでワクチン接種を行うことが可能です。

Byサイト運営

8月 21, 2021

アヌティン氏は、在タイの駐在員はバンコクの多くのワクチン接種センターでワクチンを接種しており、すべての駐在員がまもなくCOVID-19ワクチン接種を受けることができるようになると述べました。

彼は、30万人以上の外国人がメドパークにある予防接種センター、バンスー中央駅の予防接種センター、そしてヴィムット病院とバンラック病院でワクチン接種を行っていることを取り上げました。
そしてさらに今後ワクチン接種の展開が加速されるので、タイの他の地域に住む外国人もワクチンを受け取ることができるようになります。

アヌティン氏は、保健省と領事館は、すべての駐在員がワクチンを接種できるように、タイの前衛大使館と連絡を取り合うために懸命に取り組んでいると述べました。

このニュースは、8月20日金曜日にファイザー製ワクチンの追加1,000万回分を購入する契約を締結したことを発表したときに言及しました。
ファイザーワクチンの合計3000万回分が今年の第4四半期までに利用可能になる予定とのことです。

それを受けて雇用局のパイロット局長は、タイで合法的に労働許可を持っているすべての外国人労働者はCovid-19ワクチン接種を受ける権利があると述べました。
これは、今年末までに5,000万人、つまり人口の70%がワクチン接種を受けることを保証するというプラユット首相の計画に含まれています。

ワクチン接種を希望する人は、次の手順で申し込みすることができます。

①社会保障制度(スタンダード33)を利用している場合は、従業員または職場で、代理人を通して伝えることができます。その後、ワクチンの日付は雇用主から通知されます。

②社会保障制度に加入していない場合は、自分で選択したワクチンをワクチンセンターに申請することができます。

8月に入り、タイの日系企業では駐在員に続々と一時帰国をさせ、日本でワクチン接種を行うように指示しているようですが、日本でもファイザーではなくアストラゼネカになる可能性もあるようですので、それならタイで接種してもよいのではないでしょうか。(日本に帰りたいというのは別です)

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP