• 火. 9月 21st, 2021

バンスー中央駅の予防接種センターの予約権転売業者にご注意!購入した人も罪に問われる可能性あり

Byサイト運営

7月 29, 2021

タイのサクサヤーム運輸相は、携帯電話のプロバイダーのコンピュータシステムから、情報を盗んだとされるハッカーに対して厳しい法的措置をとると断言しました。
盗まれた情報とは、バンコクのバンスー中央駅の予防接種センターで予防接種に登録した人々の情報で、それぞれ500〜1,000バーツで転売していました

7月28日、ハッキングが携帯電話会社によって検出されたハッカーを追跡するよう警察に訴えたと述べました。
逮捕されれば、最大で10年の懲役が科せられる可能性があります。

警察は、この違法行為に関与している「役人」がいるかどうかを調査すると述べています。

サクサヤーム氏は、ハッカーにお金を払い優先権を受け取った人について、警察に協力して情報を提供したり、ハッカーに支払われた証拠を提出したりする人は、法的措置を免れ、ワクチン接種を受けることができるようにすると述べています。
しかし協力を拒否する人々については、法的措置に直面し接種を受ける権利を失うだろうと彼は付け加えた。

大臣は、詐欺師の餌食にならないように国民に警告し、ただお金を失い罪に問われる可能性があるということを付け加えました。

バンスー中央駅の予防接種センターでは、ワクチン接種のため連日多くの人が集まり、過密な状況を作り出しています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP