• 土. 6月 19th, 2021

【タイ】運輸局の白タク認可にタクシー業界が待った!

Byサイト運営

5月 27, 2021

5月26日、タイのタクシー運転手協会は政府に対し、オンラインの配車サービスに自家用車を使用することを許可する案を再検討するよう求めました。
これは、不公正な競争を引き起こし、タクシー運転手から仕事を奪うものであると主張しています。

タイの内閣は、火曜日に上記草案を承認しました。
これにより、最大7席の自家用車がGrabアプリなどを使用して利用できるようになります。
このようなサービスは規制なしで数年間運営されており、同業者間でトラブルも発生していました。

【タイ】Grabタクシーなどの「白タク」合法化へ

サクサヤーム運輸相は、法制化される前に公聴会を開き、1か月以内にこの法案を施行するかどうかを最終決定すると述べています。

サクサヤーム氏は、この動きは人々により多くの選択肢を与えるので、国民に利益をもたらすだろうと述べた。

しかし、タクシーの運転手らは、自家用車を使用する運転手に不当な利益をもたらすと信じています。

タイのタクシー労働者連盟会長は、1200cc程度のエンジンサイズの自家用車がサービスを提供できると述べたが、タクシー運転手は少なくとも1600ccのエンジンを搭載した車両を使用する必要があると主張します。

同氏は、以前同省に小型エンジンのタクシーを許可することを提案したが、乗客の安全の理由であると言われていることを理由に拒否されたと述べます。

「規制を満たすために車の購入に100万バーツ(約350万円)以上を費やす必要がありますが、小型エンジン車を使用する人は私たちが支払う金額の半分を支払い、今では同じサービスを提供することが許可されています。どうしてこれが公正な競争になるのでしょうか」と同会長は主張しています。

現在、タイには約83,000台の登録タクシーがあります。

2018年、陸運局は、タクシーサービスのデジタル化と効率化を目的として、登録済みのタクシーにインストールされる「タクシーOK」と呼ばれる配車アプリをリリースしました。

タクシーの運転手は年会費4,500バーツ(約15000円)を支払う必要があり、顧客の数が非常に少ないため、このアプリは失敗に終わったとのことです。

「法案が公正であれば、私たちは大丈夫です。彼らは私たちを規制するのと同じようにそれらの配車サービスアプリを規制するべきです」と同会長は言います。

タクシーの運転手らは、6月2日に議会と陸運局の事務所に集まり、抗議の手紙を提出する予定です。

2012年に設立されたGrabは、東南アジアで最大の配車サービス事業者になりました。同社は2018年に米国を拠点とするUberの東南アジア事業を買収しました。

認可されようがされまいが、既に堂々と運用されてしまっているので、取り締まるか認可するかでしょうね。
ターボメーター付きのタクシーをちゃんと取り締まってくれればタクシーだけでもよいのですが、そもそもタクシーに庶民からの信頼を得られていないことにも、お客さ離れを深刻にさせているのかもしれません。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP