【動画あり】タイ・屠殺場から水牛が、オンヌット方面を逃走中!

2020年7月22日。
今朝方、6頭の水牛の群れがバンコク郊外のシーナカリン道路からオンヌット方面へと逃走しているところを多くの人が目撃しました。

地元メディアによりますと、シーナカリンソイ32にある食肉処理場から命からがら抜け出してきた6頭なのだそうです。
すると心優しき尼さんが、自分がこの6頭を買い取るという話しになったのです。

Phakjiraさんはこう言います。
「私たちは彼らの子供たちと肉を食べます。しかし彼らには住む場所がありません」「水牛にとって今は公平ではありません。農家は現在も水牛を飼っていません。言っておきますが、3年以内に水牛は絶滅することでしょう」と。

6頭の水牛は、約290,,000バーツで買い取られました。修道女は、これまでに3万バーツの寄付を受け取り、友人から150,000バーツを借り、自分のお金の1万バーツを予算にあてたという。
(計算すると合いませんが、地元メディアの報道内容です)

食肉処理場から動物を救うことは、多くの仏教徒によって功徳と見なされています。

牛だってもちろん食べられるために生まれてきたのではないし、彼らも生きたくて必死に逃げたのでしょう。
でも、こういった問題はとても難しいですね。

 

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします