サイトアイコン タイニュース・クロスボンバー(X-bomber Thailand)

線路の上で酔っ払ったまま寝てしまった男性。両足切断の憂き目に。どうして?

7月30日、パタヤ近郊で酔っ払った男性が線路上で居眠りをしてしまい、電車に轢かれ両足を失いました。

ノンプルー警察は、16時30分に通報を受けました。
現場に到着すると、辛うじて一命をとりとめていた40歳前後の酔っ払った男を発見しました。
彼は両足を電車で膝の近くで切断されたため、激痛でで泣いていました。
男性と切断された足は地元の病院に運ばれました。
近くで、警察はタイ産のウイスキーの空き瓶を発見しています。

事故発生当時、列車の職員は、最初は丸太に似ている何かが線路に横たわっていると列車の運転手から知らされていました。
しかし列車は、衝突を避けることはできませんでした。

警察は、男性が酔っぱらったまま線路で眠ってしまい、足の一部が線路に乗った状態だったのだろうと考えています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

モバイルバージョンを終了